たくさんの良い出会いを ありがとう !!!

2017.04.24 Monday 11:06
0

    樫野庭園オープンガーデン

    最終日は青空ではじまった。

    良い一日になる予感

    思った通り、なった。 い〜一日になった。

     

    今日は珍しくタップリ、クドクドと書いたから

    読み応えあり。と思います。(笑)

     

     

    左側の奥が僕の場所

    ?ブログ (1).JPG

     

    一人目のお客さん

    『そうだよね、そうなんだよね。』

    と、涙を流しながら言葉を読む。

    嬉しいけどどうして良いかわからん

    「ありがとうございます。」

    としか言えん。

    『こんな言葉がなぜ駈けるんですか?』

    「幸せやと書けんし、辛すぎても書け

    苦しんでるけど今が丁度いいんですかね。」

     

    ?ブログ (2).JPG

     

    二人目のお客さん

    『これはお父さん、これは娘に、これは息子。

    お友達にはこれとこれを・・・』

    と、それぞれに言葉を選ぶ。

    『どうしたらこんな言葉が出て来るの?』

    「なんでか僕にはわからんですけど、

    こうしてみなさんと話をして、

    ヒントをいただいて書いてます。」

    ありがとうございます。

     

     

    パソコンにスライドショーで画像を流し

    お客さんを引きつけて言葉を見てもらう

    初の試みやったけど、成功 !!

    ?ブログ (3).JPG

     

    三人目のお客さんは

    昨日の写真の方。

    作品集を開いて

    『私もほしいけど、これプレゼントにいいよね。

    2冊いただこう。』

    そして次に来たお客さんに

    『この本とってもいいよ、泣けてきますよ。』

    と勧めてくれる。

    横でにが笑いながらそのやり取りを見ていた。

    有り難いことに売れた、感謝 感謝。

     

    愛用のカメラを持ってきていると言うので暇を

    見て写真の講座。

    「あの花とあの花を撮って来て下さい。」

    撮ってきた野心を見て容赦なく「全部ダメ。」

    で、また撮り直しに行く。

    次の休みに店に来てくれることになった。

     

     

    新しく書く暇が無かったから店にあった

    段ボールを展示

    ?ブログ (4).JPG

     

    次はお店をしていると言う若い三人組のお客さん

    1m×1mの段ボールに書いてプレゼント。

    樫野社長と知り合いと言うことで

    大判色紙に店名を書いてプレゼント。

    段ボールと色紙、買ってくれた作品集をお店に

    飾ると嬉しい事を・・・

     

    今度お店の名前を入れた言葉を作ると約束をした。

     

    その様子を傍で見ていた樫野社長

    『若い女の人には優しいもんじゃ。』とニヤニヤ

    「若い人すきやけど、お年寄りにも優しいですよ。」

     

    ?ブログ (5).JPG

     

    次は年配の四人組のお客さん

    子供が生まれた孫に、友達に、お母さんに、と

    わいわい言いながら言葉を選ぶ。

    その様子を見ていて、僕も楽しくなった。

    ありがとうございます。

     

    ?ブログ (6).JPG

     

    先月新しい会を開いたと

    目志士を作ってくれたお客さん

    「一回目の会合はどうでしたか?」

    『来てくれた皆さんが喜んでくれ、大成功でした。』

    その様子をいろいろ聞いて

    「これから忙しくなりそうですね、良かったですね。」

    一緒に立ち上げた友達にと

    ポストカードをお買い上げ、ありがとうございます。

     

     

    光りに透けた葉が美しかった。

    ?ブログ (7).JPG

     

    僕の名刺を手にしたお客さん

    『私は〇〇の仕事をしているけど

    こんな名刺がつくりたいな。』

    「いつでも作りますから、店に寄って下さい。」

    『出来るの、嬉しー。今度お店に寄りますね。』

    僕のほうが嬉しいです、ありがとうございます。

     

    ?ブログ (8).JPG

     

    高齢、二人のお客さん

    パソコンをのせた台につまづいてパソコンを

    セメント張りの地面に落とした。

    心配してオロオロしながら

    『ぼめんね、ごめんね。』とおばちゃん。

    「おばちゃん大丈夫じゃよ。」と言いながらも

    「壊れてないやろな。」内心心配しよる僕。

    「どうか壊れてないように。」と

    コードを繋ぎなおしてスイッチを入れる。

    点いた。

    「おばちゃん、心配せんでん大丈夫やったよ。」

    『すまんかったね、ごめんね。』

    「僕がこんなとこに置いたかいじゃ、すんません。」

    それやからじゃないやろうけどポストカードや

    ミニフレームを買ってくれた。

    ありがとうございます。

     

    ?ブログ (9).JPG

     

    『この言葉も絵もあなたが書いてるの?』

    と女性ひとりのお客さん

    「はい、一生懸命書いてます。」

    『泣けるよね。』

    「ありがとうございます。 この歳になって

    やっと女泣かせになれました、違う意味で。」

    (笑) 良かったですね。」

    「はい、嬉しいです。」

    御主人と娘さんにとミニフレームお買い上げ。

    ありがとうございます。

     

    ?ブログ (10).JPG

     

    16時過ぎ、終え終わった。

    田にしい時間は過ぎるのが早い。

    「も少ししていたいな。」と思うんは僕だけやろか?

     

    終わった後はいつも社長さんが開いてくれる食事会。

    『さがらさん、今日はこの後も付き合ってもらうよ。』

    「なんがあるとですか?」

    ニヤニヤする社長さん。

     

    みんなが帰る頃、社長さんの友人が二人来て

    『今日はこの後、さがらさんを連れて日向に行くよ。』

    と言ってどこかに電話しよる。

    そして僕に『はい代わって。』

    相手を知らんまま代わったが、あん人達やった。

     

    『さがらさん、一緒に行くよ。』

    「でも僕は飲めんし、僕がおるとその場がしらけて

    しまうから遠慮します。」

    『いいからいいから。』と言う社長さんをなんとか

    ごまかして逃げかえって来た。

     

    社長さん、すみません。

    そしてありがとうございます。

     

    ?ブログ (11).JPG

     

    他にもたくさんの嬉しい出会いがあったが

    全部は書けんからこのへんで・・・・・

     

    良い一日をくれた樫野社長、お客さんに感謝

    ありがとうございます。

     

    花たちは後で・・・

     

     

    さがらみずほ フェイスブック   さがらみずほフェイスブック・ページ

    category:- | by:さがらみずほcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM